Tamara Adama/Jp:タマラ・アダマ

From Battlestar Wiki, the free, open content Battlestar Galactica encyclopedia and episode guide
< Tamara Adama
Revision as of 21:41, 8 November 2010 by QuishGaGa (talk | contribs)
Tamara Adama/Jp:タマラ・アダマ
Tamara Adama/Jp:タマラ・アダマ
人としての名前 {{{name}}}
年齢 16
出身地
(コロニー)
カプリカタウロンの血筋
出生時の名前 {{{birthname}}}
コールサイン
ニックネーム {{{nickname}}}
初登場 カプリカ パイロット
最期
両親 ジョセフ・アダマ (父)
シャノン・アダマ (母)
兄弟、姉妹 ウィリアム・アダマ
子供
婚姻暦
役割、任務
社会的地位または階級
キャスト ジュヌヴィエーヴ・ビークナー[1]
Tamara Adama/Jp:タマラ・アダマは人型サイロンである。
Tamara Adama/Jp:タマラ・アダマはサイロンと人類の混血である。
Tamara Adama/Jp:タマラ・アダマはオリジナル・シリーズのサイロンである。


タマラ・アダマ(またはアダムス)はウィリアム・アダマの姉で、ジョセフシャノン・アダマの長女である。

タマラとその母親は、ベン・スタークによるマグレブ23の自爆テロに巻き込まれ死亡した。生前は父、弟、父方の叔父サム、母方の叔母ルースと暮らしていた。彼女の父は裕福なコンピューター・エンジニア、ダニエル・グレイストーンと知り合う。彼も娘のゾーイを同じ事件で亡くしていた。ジョセフは不本意ながら、自分達の娘をロボットとして甦らせようとするダニエルのために、タウロンの開発者トーマス・バージスからテクノロジーを盗む。グレイストーンはゾーイのアバター作製用の検索エンジン・プログラムを使って仮想空間にデジタル化されたタマラを作製する。だがジョセフはタマラのアバターは心臓が無いため心音が聞こえないとパニック状態でヒステリーを起こすのを目の当たりにする。彼はこれに愕然とし、こんなことは忌まわしいと悔やむ。(カプリカ パイロット

タマラはプロメシア高校に通っていた(「Rebirth」)。家族は彼女には明るい未来が待っていて、"家族の誇り"と信じていた(「Gravedancing」)。

タマラはサインするときにいつも"T"の上に花を描いていた(「Ghosts in the Machine」)。

タマラ-A

Main article: Tamara-A

家系図

 
 
 
ウィリアム・アダマ
 
 
 
イザベル・アダマ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラリー
 
サム・アダマ
 
 
ジョセフ・アダマ
 
 
 
シャノン・アダマ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キャロラン・アダマ
 
 
 
 
 
ウィリアム・アダマ
 
 
タマラ・アダマ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ザック・アダマ
 
 
 
リー・アダマ
 
アナスタシア・ドゥアラ
 


注釈

  1. Zacharias, Yvonne (12 June 2008). Canada.com: Battlestar Galactica spinoff filming in town (backup available on Archive.org) (in ). Retrieved on 22 June 2008.