Sexuality In The Twelve Colonies (RDM)/Jp:12コロニーのセクシャリティー(新シリーズ)

From Battlestar Wiki, the free, open content Battlestar Galactica encyclopedia and episode guide
Revision as of 08:23, 3 November 2010 by QuishGaGa (talk | contribs) (Created page with ': ''オリジナル・シリーズの性描写については[[Sexuality in B…')
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
オリジナル・シリーズの性描写についてはSexuality in Battlestar Galactica (TOS)を参照のこと。

新シリーズと前日談、カプリカ、で描かれるセクシャリティーは、現実世界の鏡であり、いいかえるとヘテロ、ホモ、バイセクシャルな関係は存在します。

マイケル・テイラーのコメントによると、「コロニアルはヘテロとホモセクシャルの嗜好の違いを重要視しない。これを尊重すれば、少なくとも、彼らは私達よりも少しだけ進んでいる。」[1]

ヘテロセクシャル

シリーズで描写される関係は実際にヘテロセクシャルが圧倒的に多い。この関係の人物:


ホモセクシャル

シリーズ中のホモセクシャルは"Razor"ではっきりと示されている。ヘレナ・ケインGina Inviereはレズビアンな関係である。

ケインとInviereの関係はペガサスの乗員にとって驚くことではない。ケンドラ・ショーは少しだけショックを受けたようだが、それはケインにも頼る人が必要だったことに対してである。Jurgen Belzenジャック・フィスクスコーピオン造船所の攻落後のフォーマルなディナーの席で2人の関係に驚いたり不快に思ったりはしていないように見える。「ケインとGinaの同性同士の関係は大した問題ではない。」というマイケル・テイラーのコメントの通りである (Razor)。[1]

サム・アダマは何の気なしに甥のウィリアム・アダマに、昔はこの近辺でよく男をナンパしたと言っている。 Rebirth)。サムのラリーとの結婚と、ハ・ラ・サーの執行人という立場から、ホモセクシャルは伝統的な男の役割や考えには何の問題もないと思われる。

バイセクシャル

Caprica-Six, Three and Baltar sleeping (Hero).

バイセクシャルは"Hero"まで描写されてないが、カプリカ・シックスナンバー3ガイアス・バルターの3人のセックス(ménage à trois)が描かれている。これがコロニアル社会にどう見えるかは分からないが、サイロンの言動は創造者である人間を真似ているようなので、複数との性的行動はコロニアルに由来すると考えられる。

また、Gina Inviereヘレナ・ケインと(後に)ガイアス・バルターと関係を持っていたのでバイセクシャルとも思われる。しかし、バルターとの関係はペガサスでの拷問で複数の人間に侵されたため精神的な傷のためである。

WEBスピンオフThe Face of the Enemyではフェリックス・ゲータロイス・ホシの関係が明かされる。また、ニュー・カプリカの回想ではナンバー8と関係を持っていた。ゲータのセクシャリティは撮影現場でネタにされている。シーズン3のNG集アレッサンドロ・ジュリアーニ海兵隊に警護されたジェームズ・キャリス演じるガイアス・バルターにしつこく付きまとい、その後、"ガイアス"の姓的な妄想をしている。

Gaeta and Hoshi kiss (The Face of the Enemy).

ロナルド・D・ムーアのインタビューでの発言ではカプリカ・シックスとInviereのバイセクシャリティーはシックスの全てのコピーがそうなのか、12モデルのサイロンが全てそうなのかはわからない。「我々はサイロンは全て基本的にはバイセクシャルだと討論している。12モデルには性別の役割というものは存在しない。このアイデアは用いられていないので公式な設定となるか分からないが、このような話もあった。一部のシックスについては、ケイン提督と関係を持っていたシックスは登場したが、これが全てのシックス・モデルに当てはまるかという深い内容については扱っていない。」[3]

また、ムーアは「現在はカプリカがどんなシリーズで、どんなストーリーになるかを考えている途中だ。脚本家たちが部屋に集まってどうするか話し合っている。例えばゲイ、レズビアン、バイセクシャルのストーリーは上手くいくだろうかといった感じだ。まだ出来上がってはいないが、議題にはなっている。」[3]

シスター・クラリス・ウィローは女性とも男性とも結婚している (Rebirth)。

民族間と種族間

民族間/人種

コロニー間の偏見、差別的な発言はあるものの、コロニアルは他の異なる(現実世界)の人種や民族と関係を結ぶのを否定するセリフは出ていない。各12コロニーは現実世界の人種の混合と考えられる。

多くの民族間、人種間の関係が(正式な)結婚に至らないが、大惨事の後の結婚の半分が現実世界の異なる人種間の結婚が描かれている。 アフリカ系のAnastasia Duallaと白人Leland Adama、韓国人Sharon Agathon (née Eight)と白人Karl Agathon (cf Kara Thrace and サミュエル・アンダース, and Callandra Tyrol (née Henderson) and ガレン・チロル [4組とも白人と思われる]). Moreover, interbreeding between what would be real-world Caucasians and East Asians is presumably so commonplace that Dr. Cottle had a still-born Eurasian infant readilly available, to secretly switch with Hera Agathon on President Roslin's order.

種族間

人間と人型サイロンの合意の姓的肉体関係は可能で頻繁に行われている。サイロンを人間とみなしていない者にとって、人間とサイロンの関係は否定的だが、その見方も徐々に少なくなってきた。

Cylon Simon and human Giana O'Neill were married before the apocalypse, with Giana unaware of her husband's Cylon nature but Simon well aware. Three of the four post-apocalypse marriages depicted are between humans and Cylons: Cylon Sharon Agathon and human Karl Agathon, human Kara Thrace and Cylon Samuel Anders, and human Callandra Tyrol (née Henderson) and Cylon Galen Tyrol. Of the three, the Agathons were the only marriage entered into while both (or either) spouse was consciously aware that one was a Cylon. The only post-apocalypse marriage shown between humans is that of Anastasia Dualla and Leland Adama. The only pre-apocalypse marriage depicted as surviving both the Cylons and Adm. Cain is that between Final Five Cylons Ellen Tigh and Saul Tigh.

Practices

Multiple real-world coitus positions have been depicted, including female superior (a.k.a. "cowgirl")[4] and the so-called missionary position[5]

Heterosexual fellatio among Colonials is implied by Laura Roslin's statement to Tory Foster, "I don't really care if you have to spend the night on your knees praying, or just on your knees. I want a name." ("Guess What's Coming to Dinner?")

Other notes

  • The religious controversy surrounding Rya Kibby's abortion suggest that the Colonial faith (or the Gemenese interpretation thereof) contains doctrine pertaining to sexuality, possibly in a similar fashion to many real world religions (The Captain's Hand).
  • The presence of child prostitution under Phelan's black market indicates the presence of pedophilia within Colonial society. The practice of child prostitution is viewed with loathing disdain by Colonials such as Lee Adama, who ultimately kills Phelan after discovering this practice aboard Prometheus (Black Market).
  • Prostitution is legal in Colonial society, with consenting adult women such as Shevon offering their services to adult men such as Lee Adama (Black Market). This fact is a nod to the socialator practices touched upon in the Original Series. However, prostitution is not considered respectable, as Tom Zarek and Major Adama's conversation shows.
  • In addition, the Colonials have pornographic material like Nymph magazine (Scar), although it is uncertain whether or not pornography is viewed in the same controversial light as it is in America and some other cultures.
  • The spines of some humanoid Cylons have been seen to emit a red glow during copulation.[6] It is unclear whether or not this is visible to the human eye and could be used to detect Cylons. Nevertheless the real-world metaphorical use of the term "glowing" is used by Colonials to describe women sexually satisfied and/or in love.[7]
  • Marriage and engagement are practiced by the humans of the Twelve Colonies, and were practiced by the Cylons of the Thirteenth Tribe on Earth. In the Colonies, marriage vows are considered sacred oaths. Women generally take their husbands' surnames, but not always. Men do not change their name, except in the group marriage example noted below. There is no evidence of any similar practice to marriage among the modern Cylons, though two of them got married to humans.
  • Marriages between more than two people have been shown to be legal on Caprica, though unusual. Upon learning that Clarice Willow is part of a group marriage, Lacy Rand is surprised but accepting and mentions knowing classmates who are children of group marriages. The Willow family surname comes from Desiree Willow.

References

  1. 1.0 1.1 Ryan, Maureen (16 November 2007). Answers to your 'Razor' questions and clues about 'Battlestar Galactica's' final season (backup available on Archive.org) (in ). Retrieved on 16 November 2007.
  2. "Sometimes a Great Notion"の最後の地球崩壊時の回想でタイは婚約指輪をはめていた。
  3. 3.0 3.1 Jensen, Michael (7 October 2008). Scoop on "Virtuality", the first U.S. science fiction series to include gay characters (backup available on Archive.org) (in ). Retrieved on 7 October 2008.
  4. Caprica-Six mounts Baltar thus in the Miniseries
  5. Baltar is shown atop Kara Thrace in "Kobol's Last Gleaming, Part I", and Tory Foster in Faith, Lee Adama is shown climbing off of Thrace in "Unfinished Business", et al.
  6. Caprica Six is shown glowing atop Baltar in the Miniseries, Sharon Agathon is shown glowing atop Helo in Six Degrees of Separation and writer commentary for The Face of the Enemy confirms that "Sweet Eight" similarly glowed while mating with Felix Gaeta on New Caprica.
  7. Laura Roslin refering to Tory Foster in "Guess What's Coming to Dinner?", Felix Gaeta refering to Anastasia Dualla in "Sometimes a Great Notion".