Caprica (Series)/Jp:カプリカ (シリーズ)

From Battlestar Wiki, the free, open content Battlestar Galactica encyclopedia and episode guide
BSG-WIKI Exclaimation.png This item is a candidate for deletion.
If you disagree with its deletion, please explain why on its talk page. If this page obviously does not meet the criteria for deletion, or you intend to fix it, please remove this notice from this page.
Administrators - Remember to check if anything links here and the page history before deleting.
新シリーズのコロニーについてはカプリカ (新シリーズ)を参照。他はカプリカを参照のこと。
カプリカ
カプリカ
Created by レミ・オーブション
Starring
Theme music by ベア・マクリアリー
Statistics
Production company NBC Universal
Number of seasons 1
Number of episodes 18 (2時間のパイロット版と16のエピソード) (list)
Debut channel Sci Fi Channel
US first-run airdates USA 2010年[1]
UK first-run airdates UK 2009年春[2]
DVD release
Production staff
Executive producer(s) ロナルド・D・ムーア
デヴィッド・エイック
レミ・オーブション (パイロット版のみ)
ジェイン・エスペンソン ("Rebirth"から)
ケヴィン・マーフィ ("Unvanquished"から)
Producer(s)
Supervising producer(s)
Associate producer(s)
Co-producer(s)
Story editor(s)
Online Purchasing
Available at iTunes – [ Purchase]

『カプリカ』はサイファイ・チャンネルの『バトルスター・ギャラクティカ』のスピンオフ番組である。プロデューサーはレミ・オーブションロナルド・D・ムーアデヴィッド・エイック。惑星カプリカのアダマとグレイストーンの家族と12コロニーでのサイロンの開発を描いた前日談である。パイロット版は『バトルスター・ギャラクティカ』の「序章」の58年前が舞台となっている。DVDは2009年4月21日にリリースされた。

概要

『バトルスター・ギャラクティカ』が宇宙での戦闘だけのドラマではなかったように、『カプリカ』もSFというよりも家族のドラマである。パイロット版の脚本はレミ・オーブション(『The Lyon's Den』、『24』)とロナルド・D・ムーアが執筆し、制作総指揮は『ギャラクティカ』のベテラン、ロナルド・D・ムーアとデヴィッド・エイックの2人がを務めた。2時間のパイロット版を監督したのは ジェフ・レイナー (『Friday Night Lights』).[3]

あらすじ

舞台は『バトルスター・ギャラクティカ』「序章」の58年前。グレイストーンアダマ[4]ウィリアム・アダマの家族)の2つの家族と、パイロット版の最後から始まるサイバネティック・ライフフォーム・ノード、サイロンの誕生を描く。

コンピューター科学者の父ダニエル・グレイストーンと外科医の母アマンダは、娘のゾーイを宗教テロで亡くす。テロを起こしたのはゾーイのボーイフレンドのベン・スタークだった。ダニエルは、ゾーイ自身が作った人格のデジタル・クローンを手に入れると、盗んだ技術を利用して、娘をロボットとして甦らせようとする。これが後にサイロンの誕生の切っ掛けとなる。

同じくジョセフ・アダマもテロで妻シャノンと娘のタマラを失っていた。彼はダニエルと共に娘たちを甦らせようとするが、ダニエルのやり方に恐れをなす。しかし、この悲劇でジョセフは11歳の息子ウィリアムとの絆を深める。

キャストとキャラクター

追加キャスト:

アヴァン・ジョーギアはパイロット版のみメイン・キャストとしてクレジットされた。サッシャ・ロイズとブライアン・マーキンソンは第2話からレギュラー・キャストに加わった。

制作記

初期コンセプト

IFmagazineのデヴィッド・エイックのインタビューによると、シーズン2が始まった頃から、前日談のスピンオフのアイデアを考えていたと言う。ちょうど同じころに、『24』の脚本家がレミ・オーブションがサイロンのストーリー・ラインに似たシリーズのアイデアを練っていた。『バトルスター・ギャラクティカ』とスピンオフの両方にフルタイムで加担するのは無理と考えたムーアとエイックは絶好の機会とばかりに、オーブションに話を持ちかけた。「我々が成し遂げたものと、彼の物を合わせたのさ」。

Scifi.comの公式掲示板のロン・ムーアの妻テリー・ドレスバック投稿によると、レミ・オーブションが"カプリカ"の脚本家スタッフの責任者になるであろう。ロン・ムーアはストーリーやキャスト、セット、脚本のチェックはするが、おそらく『カプリカ』のエピソードの脚本は執筆しないと思われる。

2006年5月のDreamwatch Magazineのインタビューで、レミ・オーブションはムーアとエイックから連絡を受けたときの構想は"ロボットの奴隷制の寓話"だった。オーブションはシリーズが始まるときウィリアム・アダマは11歳だと指摘。そして、「傲慢さが被害を招くのを描く人間ドラマだ」と述べている。続けて、『カプリカ』は『BSG』とは独立してる。『バトルスター』の背景を描いてはいるものの、BSGを観ていなくても楽しめる。しかし、「『バトルスター・ギャラクティカ』のシーズン3の最初の数話に、『カプリカ』で明かされる事に関連する内容が描かれている。」

2006年11月6日、the Sci Fi Pulse websiteがロナルド・D・ムーアが新しいシリーズについてDreamwatch magazineに新事実を語ったと報告。

「前日談でパイロット版は1時間でミニシリーズにはならない。『バトルスター・ギャラクティカ』の50年前を舞台にサイロンの創造の物語になる。」
「これまでとは違った番組だ。アクション・アドベンチャーでもなく宇宙が舞台でもない。惑星(原文まま)カプリカが舞台で政治や企業の陰謀をはらんだ家族のドラマだ。脚本の出来は上々だ。現在、再執筆中で、サイファイ・チャンネルも今のところ気に入ってくれている。後は制作開始を待つだけだ。通常は制作開始までに二は段階ある。パイロット版をオーダーした後、シリーズをオーダーする。だが今回はパイロット版をミニシリーズとして企画していないので、もしシリーズ化されなかったときにパイロット版が陽の目を見るか分からない。」
「全く異なるだろう」と約束するムーア。「これは12コロニーの崩落前のカプリカだ。世紀末的だが、著しく成長している。まだ第1次サイロン戦争による壊滅を知らない、繁栄した社会だ。文化は留まるところを知らず、自惚れが追い打ちをかけている。小さい事にためらったりしない。終末的な生残りをかけたシナリオの『ギャラクティカ』とは違う。全てが異なっている。」[5]

制作の地獄

2006年4月26日から、カプリカ"制作の地獄"(大規模な書直しと局の重役に対して再提案)で、それは2007~8年の脚本家協会のストライキ中に本格的に検討されるまで続いた。2007年3月24日、ムーアは『カプリカ』の現状についてSalon.comのローラ・ミラーと討論している。

「(シリーズ化の)可能性はある。SciFiで制作中だがシリーズ化の許可が下りていない。現段階でシリーズ化するつもりがあるのかは分からない。『ギャラクティカ』のミニシリーズの様に、パイロット版を兼ねたテレビ映画にして様子を見る話も出ている。今は彼らがいつ許可を出すかは分からない。まるで棚上げされた気分だよ。」
「特殊な番組だ。SFアクション・アドベンチャーよりもソープに近い。SF版『ダラス』だ。家族の物語だ。アダマと、企業、そして50年前のサイロン誕生の物語だ。宇宙ではなく惑星カプリカが舞台になる。人工知能などSF的な要素もあるが、様々な策略や悪事といった伝統的なソープ・オペラの要素も含んでいる。」[6]

新たな始まり

2007年9月18日、『バトルスター・ギャラクティカ』の終了まじかムーアがサイファイからNBCに移転を匂わせていたとき、サイファイの重役は2時間のパイロットを許可した。これにはムーアをサイファイ・チャンネルに引きとめておくためでもあった。「RAZOR/ペガサスの黙示録」の業績もあって、『カプリカ』もDVD向映画としてリリースし同時にテレビ放映する計画もあった。[7]さらに脚本家のストライキ(1988年以来)もあって、テレビ局は様々な作品のスクリプトを急いで完成させていた。ストライキ前に脚本が出来上がっていた『カプリカ』の制作は最優先となった。[8]

2008年3月、サイファイ・チャンネルは『カプリカ』の2時間のパイロット・エピソード[9]の制作を発表した。撮影は6月19日に完了した。[10]

シリーズ化

2008年12月2日、サイファイ・チャンネルは正式にカプリカの第1シーズン20話の制作を発表した。プレス・リリースによると、制作は2009年夏から2010年の放送を予定。制作を遅らせた理由は他のプロジェクトに携わっていたパイロット版とバトルスター・ギャラクティカの主要スタッフを呼び戻すためだった。[11]

分析

バトルスター・ギャラクティカの最終回で現代から150,000年前の我々の地球が発見された。そのことから、他のSFと違ってカプリカは太古の物語となる。

注目点

  • グレイストーンのオフィス・ビルのタワーは中心が同じの2つの五角形を合わせた形である。 -- オリジナル・シリーズのサイロン・レイダーにも同じパターンのマークがあった。
  • カプリカの一神教活動は"無限大"の記号をシンボルとしている
  • ゾーイのV-クラブの部屋に差し込む光と、母がゾーイの部屋に入った時の壁に、マンダラの色が使用されている。
  • ダニエル・グレイストーンのコンピューターにはベーススターやサイロンの機器に使われていた文字列が流れている。さらに、一瞬だが”データストリーム”と表示されている。

注釈

  1. シリーズの放送日が決定する前に、2時間のパイロット・エピソードが2009年4月21日に先行リリースされた。
  2. Aylott, Chris, "Sky1 secures exclusive UK rights to Battlestar Galactica prequel CAPRICA", 2008年8月6日. Retrieved on 2008年8月9日.
  3. Official Press Release: "SCIFI GIVES 'CAPRICA' THE GREENLIGHT". 2008年3月18日 Available exclusively on BattlestarPegasus.com
  4. アダマはタウロンの姓なのでカプリカの姓である"アダムス"を名乗っていた。当時のカプリカではタウロンに対しての偏見があった。
  5. Cullen, Ian M., "Ron D. Moore Gives Progress Report For Caprica", Sci Fi Pulse, 2006年11月6日. Retrieved on 2006年11月10日10. (written in English)
  6. Miller, Laura, "The man behind "Battlestar Galactica"", Salon.com, 2007年3月24日, p. 3. Retrieved on 2007年4月25日.
  7. Sci Fi Executives Weigh 'Battlestar Galactica' Options (backup available on Archive.org) . (2007年9月18日). Retrieved on 2007年9月18日.
  8. SciFi Channel Stockpiling For Writers Strike (backup available on Archive.org) . (2007年9月20日). Retrieved on 2007年9月20日.
  9. http://www.syfyportal.com/news424829.html
  10. Craig Takeuchi, R. Paul Dhillon, and Sean Minogue (2008年6月26日). It's a B.C. summer of stars and film shoots (backup available on Archive.org) (in ). Retrieved on 2008年6月26日.
  11. Rosenblatt, Michelle, "Official Press Release: 'Battlestar Galactica' Prequel Gets 20 Episode Order", NBC-Universal, 2008年12月2日. Retrieved on 2008年12月2日.